会員の方はこちらから

自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

1分で登録完了
非公開物件多数掲載!

会員登録

アクセスランキング

自己資金とアパートローン

現金以外でアパートを購入する際、まず最初のハードルがローン付けです。
数年前の好景気の時は、金融機関も大判振る舞いでお金を貸してくれました。
物件の対象エリアも広く地方の物件でも融資が容易で、また物件の評価も高く
自己資金ゼロのフルローンも珍しくありませんでした。
では、現在のアパートローン事情はというと、“かなり厳しい”の一言です。

都市銀行では個人の属性(職業や年収、資産背景)にかかわらず、自己資金として
物件価格の20〜30%が最低でも求められます。
それに比べ地方銀行・信用金庫ではまだ少しだけ緩く、自己資金20%以下でも
承認が出る場合があります。
ただ、対象エリアはその金融機関の地元に限定されます。
その他、金利は少し高めですが、オリックス銀行、スルガ銀行、三井住友L&F
(旧ライフ住宅ローン)等がアパートの融資に積極的な姿勢をみせており、
自己資金10%程度でもOKが出る可能性があります。
中でも三井住友L&Fでは、現在所有の不動産を共同担保に出せばフルローンも可能です。

また、首都圏にお住まいで地方の物件をローンで買うことは現在非常に難しいのですが、
日本政策金融公庫(旧称の国金)を利用できれば買える可能性があります。

以下の金融機関と自己資金との目安をご覧ください。

  自己資金目安 金利 エリア 特徴
都市銀行 20〜50% 1.5〜3% 広い(大都市圏) 個人属性重視
地方銀行・信用金庫 15〜30% 1.5〜3% 狭い 営業エリア内は審査緩い
オリックス銀行 10〜30% 2.05〜3.3% 首都圏 築古物件可
スルガ銀行・三井住友L&F 0〜30% 3.8〜4.5% 首都圏 審査基準緩い、築古可
日本政策金融公庫 10〜40% 2.5〜3.4% 広い 限度額4800万円まで

上記の目安は、2015年7月現在の参考資料です。また上記内容を将来にわたって
保証するものではありません。
また、自己資金目安には仲介手数料などの諸経費は含めていません 。

諸経費についてはこちら

現在の金融情勢から推察すると、自己資金としては最低でも物件価格の10〜30%
+諸経費が必要となります。

諸経費を節約したい方は仲介手数料無料・割引のうりあぱ.comをご利用ください。

ページトップへ